• twitter
  • facebook
  • はてブ
  • pocket
  • feedly

編集部モモイ

AD JOURNAL編集部です。ウェブマーケティングや気になるトピックス、はたまた巷の気になる情報をお届けします。

どうもこんにちは。編集部のモモイです。今月からIT、WEB、テクノロジー、ビジネス界隈の気になるニュースを独断と偏見でキュレーションしていきます。日頃、情報のインプットが趣味といっても過言ではないくらいに、あらゆるニュースサイトを見ているのですが、アウトプットする機会が無く悶々としておりました。ここでは思う存分に私の収集した気になるニュースをご紹介しています。

 

フォトショップでの切抜き作業がなくなる?透過画像を秒速作成

お、でもどうせ精度高くないんでしょ?と思いきや意外といい感じぽい。特に人物だったり、背景がシンプルだと威力を発揮するようです。フォトショップでの切抜きもかなり進化してきましたが、サクッと作るにはこういったサービスもよいかも知れません。

 

定番?のMacに入れておいたほうがよいソフトまとめ記事

クリップボード機能を拡張できるClipyは私も入れていますよ。遡っての貼付けや、スニペットを登録しておけるので便利。

 

長文をギュッとまとめてくれるサービス

これはなかなか便利そう。記事の執筆業務をされている方や、制作や広告系のお仕事をされている方にもいいんじゃないでしょうか。WEBサイトに挿入するテキストや広告文を作成する際に、クライアントから「このパンフレットからテキスト取って下さい〜」的な依頼が来たときに便利かも。あくまでもテキストのたたき台を作成するという観点ですが。

 

賛否両論。入場料がかかる本屋さんがオープン

入場するだけで1,500円かかってしまう本屋さんがオープンしたらしいです。ここでしか出会えない本があったりするのであれば少しは付加価値となりそうですが、どうなんでしょう。コーヒーが飲めるカフェスペースもあるようです。「入場料500円でコーヒーも付く」といった感じのサービスだったら場所使いとして検討の余地があるかな…

 

泣きそうになる動物の絆

いたたまれない気持ちになるけど、最後には感動。動物の世界にも絆があるんだろうなあ。

 

リーガルチェックもAIに置き換わるか

爆速のリーガルチェックが可能になるこちらのサービス。注目度も高いようで大きな資金調達も行っています。士業の仕事がどんどんAIに置き換わっていくんでしょう。「契約書のリーガルチェックに回す費用が勿体無い、でも法務的な不安要素も少なくしたい」といった中小企業のニーズにかなりマッチしそう。

 

ソフトバンク元社長室長の仕事術

なかなかすぐには真似できなさそうな仕事術も多そう…ですが、トップ企業の社長室長の仕事への取り組み方が垣間見れる。資料作成を上司から依頼された場合のお話のところで「不完全で構わないので、最速のアウトプットでまずは確認してみることが大事です。」というのは「確かに!」と頷いてしまいました。

 

新規サービス立ち上げの事業計画書を覗き見

この記事ではAI競馬 SIVAを立ち上げた際の基になった事業計画書が公開されています。各項目についての詳細な説明もあり、ビジネスの狙いから損益計算までかなり詳しく解説されています。参考になりそう。

 

さくらインターネットのすごい社内制度

「さぶりこ」というパッケージになった制度が面白い。残業ゼロじゃなく「早く終わったら帰っていいよ」という残業の逆?をいく制度があったり、毎朝、定時までに連絡をすると、出社時間を変えられる制度あったりするみたいです。

 

見積書、請求書作成サービスのMisoca社長が退任

弊社でも設立当初に使っておりました。シンプルでとても使いやすく、お財布にも優しいサービスだったなあという印象です。そして、創業社長の退任記事。ちょっとウルっとくる内容です。