• twitter
  • facebook
  • はてブ
  • pocket
  • feedly

Webサイトの構築やWebコンサルタント、Web広告の代行など、Webまわりのサポートをしている企業は多くいることでしょう。その中で、パートナー企業はGoogleアナリティクスやGoogle広告などを利用し、クライアントの顧客獲得施策などをサポートしています。

今回は、そんなWebのサポートをしている企業が、Googleの認定広告代理店になるための方法などをご紹介していきます。

Googleの広告は認定を受けた代理店じゃないと運用出来ない?

Googleの広告を代理で運用していく場合、パートナー企業は広告代理店と言う立場で仕事をすることになりますが、Googleの広告代理店になるためにはどのような資格や知識が必要なのでしょうか。

Google広告の運用には、基本的に正式な資格は必要ない

基本的に、Google広告の運用を行うにあたっては、Googleアカウントを持っているだけで運用していくことが可能です。また、代理店として、Google広告やアナリティクスをサポートする場合も資格は必要ありません

ただし、認定代理店になるには資格が必要(代理店専門分野認定)

Googleから「認定」を受けたという証明をするための資格が存在し、それが代理店専門分野認定です。Googleからの高い評価を受けた証明となるこの資格は、クライアントの信頼を得るのに十分な材料となるでしょう。

しかし、代理店専門分野認定になるためには様々な資格取得、運用実績、Google広告を利用した費用実績などが必要となります。認定を受ける分だけ、Googleの広告に精通しており、正しい運用方法を取っているということが必要になります。

代理店専門分野認定になるには

代理店専門分野認定になるためにはどのような手順が必要なのか、ここからは、代理店専門分野認定を得るための流れを見ていきましょう。

まずは、Google Partners プログラムへの登録をしよう

代理店専門分野認定になるためには、まずGoogle Partners プログラムへの登録が必要です。

Google Partners プログラムとは?

Google Partners プログラムとは、Google広告を利用する企業や、Google広告を代理でサポートする企業のためのプログラムで、トレーニングを行うことや業界に関する分析情報を得るなどの特典がつくプログラムです。

Google Partners プログラムによるメリット

Google Partners プログラムへ参加するメリットとしては、Google Partnersバッジを獲得する権利を得られるというメリットがあり、バッジを得ることでGoogleからの評価を受けたというアピールをすることが出来ます。

Google Partners プログラムに登録する方法

Google Partners プログラムに登録する場合には、以下のURLより登録することが可能です。

Google Partners プログラムへの参加

申し込みには、MCCと呼ばれるGoogle 広告クライアントセンターの管理者権限を持つアカウントを使ってGoogle Partners プログラムに申し込む必要があります。

MCCとは

クライアント センター(MCC)アカウントを使用すると、複数のアカウントを管理できます。このオンライン広告マネージャーを使えば、1 回のログインで、1 つのダッシュボードから、複数のアカウントのレポート作成、アクセス権の管理、統合請求ができるため、作業時間を節約できます。

GOOGLE 広告クライアント センター (MCC)より

Google Partnersに登録したら、専門分野認定の取得をしましょう

ここからは、専門分野認定の取得方法についてみていきましょう。

Academy for Ads が実施する「Google 広告の基礎」理解度テスト

専門分野認定代理店になるにはAcademy for Adsが実施しているGoogle広告の基礎理解度テストに合格する必要があります。

さらに、追加の理解度テストのいずれか 1つに合格

追加の理解度テストとしては、検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告などがあります。広告を代理運用する上では、クライアントの多くはGoogle検索広告やディスプレイ広告を利用している方が多いでしょう。

Google広告の運用実績が必要

Googleの代理店専門分野認定となるためには、多くの広告運用実績が必要となり、実績をもとに専門知識を有しているのかを判断しています。

Google広告を利用してどのようなサービスを展開しているか、Google広告のサービスをどれだけ利用しているか、クライアントを維持できているかなど様々な点から評価を受けます。

その評価は、18ヶ月間のデータを見て判断されます。

Google広告の出稿費用の下限実績

また、広告の出稿金額についての条件もあります。Google広告を利用して過去90日間で広告費10,000米ドルに値する費用実績が必要なんです。Google広告を自社またはクライアントへのサポートとして運用している場合にも、過去90日間による実績が必要となるため、比較的ハードルが高いと言えるでしょう。

代理店専門分野認定を維持していくために

代理店専門分野認定を維持していくためには、取得したときと同じように条件を満たし続けていく必要があります。

たとえば、過去90日間で広告費10,000米ドルなども対象の条件となります。

一時的に認定を受けただけではクライアントの評価にはつながりません。

Googleの認定を受け続けるためにも、実績を常に残していく必要があり、それらを継続して運用していけることで代理店専門分野認定を持ち続けることになり、そしてそれは認定を受けるだけの継続した正しい運用方法が身についているという証明に繋がるでしょう。

まとめ

ここまで、Google広告の代理店になるためにはどのような資格が必要になるかなどをご紹介してきました。

Google広告の代理店になるには資格などは必要ありませんが、認定代理店となるためにはGoogle Partners プログラムへの登録や、専門分野認定の取得、運用実績や費用実績などが必要となり、ただ資格を取得すればよいというものではありません。

Google広告の代理店として、クライアントからも信頼される企業となるために、Google Partners プログラムへの登録を行い運用実績や費用実績を作っていくことが必要です。