• twitter
  • facebook
  • はてブ
  • pocket
  • feedly

編集部ハタノ

散歩とデパ地下ぷらぷらが趣味。主にWEB広告周りの記事を書いています。

この記事は2019年11月25日に最新情報が追記されています

以前作成したSNS広告のお問い合わせ先まとめ記事(Facebook、Instagram、Twitter…広告の問い合わせ先を教えます!)が好評なので、GoogleとYahoo!のお問い合わせ先についてもご紹介いたします!

Google広告のお問い合わせ先

Google広告アカウントを既に持っていて、広告を運用している広告主向けのお問い合わせ先はここです。

Google広告にログインして、管理画面の右上にある「?」マークをクリックすると、下半分(赤枠部分)に問い合わせ先が載っています。
ちなみに弊社はMCCアカウントで複数の広告アカウントを管理しているため、「クライアント センター(MCC)アカウントのお客様ID」と「クライアントのお客様ID」の2つIDが表示されています。

ここからのお問い合わせ方法は簡単です。記載のフリーダイヤルに電話をかけ、問い合わせ対象のお客様IDを番号入力します。入力したお客様IDが正しければ、そのままサポートセンターへ電話が繋がり、担当者が対応してくれますので、口頭で用件を伝え解消を目指します。
なお、お問い合わせ対応は月曜日〜木曜日の9時30分〜18時となっていますのでご注意ください。(2019/10頃まで金曜日も9時30分〜16時なら対応していましたが、辞めたみたいです…が、2019/11/8にダメ元で電話したら繋がりましたので色々調整中なのかも?)

問い合わせに必要な認証方法

多くの場合は用件を伝えたところで、「認証をお願いします」と言われます。わからなければその場で案内してもらえますが、ついでに認証方法もご紹介しておきます。
まず先ほどの電話番号が載っている部分、一番下の「認証に関するサポートのリクエスト」をクリックします。

すると一度、Googleアカウント自体への再ログインを求められます(本人確認)。再ログインが完了したら、サポートセンターから認証リクエストが届いている場合はこの画面になります。

認証して問題ない場合は「はい」を選択し、この画面になったら認証完了ですのでタブを閉じてOKです。
YahooAD_連絡先3

届いていない場合は「リクエストはありません。」と表示されます。

サポートセンター担当者がリクエストを送信するより先にこのページにきてしまった場合は上図になるので、その場合はページを再読み込みするとリクエストを確認できます。

Google広告の審査が24時間経っても「審査中」の時のお問い合わせ先

新規で広告を登録した時以外にも、テキスト、画像、URLなど広告を構成する要素に変更が加えられると、都度広告審査にかけられます。通常は24時間(1営業日)ほどで完了しステータスに結果が表示されますが、年末や期が変わる3月〜4月は入稿される広告が増えるため審査が混み合い停滞する傾向にあります。酷い時は1週間経ってもステータスが「審査中」のままなことも。
前項の問い合わせ先でも対応してもらえますが、サポートセンターでは広告審査を行なっていないので(審査は別部署)、広告審査に24時間以上かかっている事実を確認してもらい、サポートセンターからGoogle社内の審査部へ共有してもらうことしか出来ません。広告主が審査部に直接連絡をとることはメールも電話も不可能で、サポートセンターも電話以外のツールでしか連絡できません。

そこで役に立つのがこれです。
https://support.google.com/google-ads/contact/approval_request
広告が登録から24時間以上経過しても「審査中」のままの場合は、ぜひ上記フォームから問い合わせしてください。
広告審査が滞っている場合のサポートセンターへの電話は、お客様IDの入力→窓口担当者への状況説明→ログインメールアドレスの共有→認証→状況確認までが基本のフローです。そこから対応完了連絡が電話で入りますので、それなりの手間と時間を要します。週明けや繁忙期は電話がそもそも繋がらないこともあります。
上記フォームからの問い合わせであれば、必要な情報を自分で全て入力して(誤りがなければ)そのまま受理され、このようなメールが届きます。

メールにある通り、送信から1営業日ほどで対応完了メールが届きます。審査が通って「承認済み」の場合はこのようなメールです。

フォームからなら問い合わせにかかる時間を削減できますし、「電話が繋がらなくて問い合わせできなかった」なんてこともありません。
ただ、混雑や審査の状況はわかりませんので、場合によっては結局サポートセンターに電話する事になるかもしれません。ちなみに電話だと窓口の方に訊けば「現在審査が混雑しているのか」くらいは教えてもらえます。広告は余裕を持って早めに入稿・審査にかけることをオススメします。

Google広告を始めたい方向けお問い合わせ先

「代理店に依頼せず(ご自身でアカウントを開設して)Google広告を始めたい!」という方には、こちらのページをオススメします。
Google 広告 – 気軽に利用できるオンライン広告で顧客を増やしましょう

Google広告の概要、仕組みから初歩的な質問(想定)までまとめられているイントロページです。各所にあるように、平日9時〜18時であれば電話でのお問い合わせが可能です。
ただし、電話でのサポートは運用する広告の1日の予算額が税抜1,000円以上の場合のみ対象となりますのでご注意ください。
※おそらく、「Google広告やってみたいんですが」や「Google広告アカウントを開設したい」という初歩の初歩レベルのお問い合わせであれば予算関係なく対応してくれます。不安な方はぜひ弊社にお問い合わせください!

Yahoo!広告のお問い合わせ先

Yahoo!広告アカウント(スポンサードサーチ、ディスプレイネットワーク問わず)を既に持っていて、広告を運用している広告主向けのお問い合わせ先は、Yahoo!側できちんとまとめてくれているのでこちらを参照してください。
お問い合わせ先一覧 – Yahoo!プロモーション広告

方法としては、電話、メール、チャットの3種がありますが、個人的にオススメしたいのはチャットです。Google広告同様、広告アカウントにログインした状態で右上にある「チャットでお問い合わせ」をクリックすると別タブでチャット画面が開きます。

平日9時〜12時、13時〜18時であれば、待ち時間もほとんどなくリアルタイムでやりとり出来ます。「チャットでお問い合わせ」ボタンをクリックした時にログインしているアカウント・キャンペーンが対象になりますので、間違わないよう注意してください。

Yahoo!広告を始めたい方向けお問い合わせ先

「代理店に依頼せず(ご自身でアカウントを開設して)Yahoo!広告を始めたい!」という方には、こちらのページをオススメします。
Yahoo!プロモーション広告でサイトへの集客アップ | Yahoo! JAPAN

こちらもGoogle同様、概要や仕組みなどをまとめているイントロページになります。フォームと電話のお問い合わせ先のほか、実際の事例や資料も用意してくれているので、まだ社内で検討するフェーズにある場合などは便利ですよね(さすが日本生まれ)。
資料を読み込む時間が惜しい、自社運用ではなく代理店による運用を希望されている方はぜひ弊社にお問い合わせください!

まとめ

多種多様な広告フォーマットが整備されてきて、ガイドやヘルプだけで解消することが難しくなってきていると感じます。お問い合わせをしても解消までに思ったより時間がかかってしまったり、仕様の都合などで解消できない場合もあります。もしもの時に困らないために、自分でも知識をきちんと蓄えていくことが大切です。